オリジナリティ溢れる家にしたいなら三栄建築設計に依頼

一軒家

地元産の良木を使って

室内

環境に合う暮らしを

面積の約4割が山や森林となっている愛知では、そこから伐採されたスギやヒノキを使った注文住宅が多く建築されています。山が多い分、盆地も多いため、愛知では季節ごとの気温差がやや大きくなりがちです。しかしだからこそ、そこで長く育ったスギやヒノキは、その環境に順応しています。つまり、他の地域で育った樹木と比較すると寒暖に強く、その分劣化しにくいと言えるのです。そのため愛知では、注文住宅の建築に地元産の良木が積極的に使われているわけです。しかもスギもヒノキも、空気中の余分な湿気と汚染物質とを吸収する性質のある樹木です。盆地では湿度が上昇しやすい上、愛知には日本有数の広大な工業地帯があるため、空気が汚れることがあります。しかし地元産の良木を使った注文住宅でなら、それらからの悪影響を多く受けずに生活することができるのです。また注文住宅には、構造や間取りにも多くの工夫を凝らすことができるというメリットがあります。そのため愛知では、一般的な戸建て住宅よりも基礎を高くしたり壁を厚くしたり、排気口を多く設置したりといった注文住宅もよく建てられています。これらにより生活は、気温差や湿気や汚染物質から、よりしっかりと守られるようになるのです。さらに、インテリアに地元産の良木を活用した注文住宅にも人気があります。特によく選ばれているのは、スギの木目を強調したエントランスや、総ヒノキ風呂のある注文住宅です。このように好みに合うインテリアにすることで、生活を一層快適なものにすることが可能となります。